消防車国内トップのモリタ、「薬剤」効果で業績躍進《オール投資・注目の会社》

消防車国内トップのモリタ、「薬剤」効果で業績躍進《オール投資・注目の会社》

消防車国内首位のモリタホールディングスは、消防車以外にも“秘密兵器”を持っていた。消防車市場が頭打ちの中、水を使わないスプリンクラー「スプリネックス」や消火器が、収益柱に育ってきている。

モリタの売上高の約半分を占める消防車両事業は、文句なしのメイン事業。消防車の国内シェアはポンプ車で50%以上、はしご車でほぼ100%と揺るがぬ地位を誇る。だが、自治体の買い替え需要に依存する消防車市場は、地方自治体の財政悪化によって1990年代後半以降頭打ち。90年代半ばまで国内に年間1500台程度あった需要は、近年1000台強という低水準で推移している。

この状況下、モリタは前2012年3月期に過去最高の営業利益を達成したとみられる。主力の消防車が苦戦する中、業績を押し上げたのは、スプリネックスと消火器の2本柱からなる防災事業だ。


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
省電力・広域通信“0G”の衝撃<br>IoT化の隠れた主役LPWA

低速ながら電池で数年動くほどの省電力で、基地局から10km以上もの広域通信が可能。 LPWAという通信方式は超高速の5Gとは対極で、関係者に「0G(ゼロジー)」と呼ばれています。検針やモニタリングなど静かな普及の現場を取材しました。