消防車国内トップのモリタ、「薬剤」効果で業績躍進《オール投資・注目の会社》

消防車国内トップのモリタ、「薬剤」効果で業績躍進《オール投資・注目の会社》

消防車国内首位のモリタホールディングスは、消防車以外にも“秘密兵器”を持っていた。消防車市場が頭打ちの中、水を使わないスプリンクラー「スプリネックス」や消火器が、収益柱に育ってきている。

モリタの売上高の約半分を占める消防車両事業は、文句なしのメイン事業。消防車の国内シェアはポンプ車で50%以上、はしご車でほぼ100%と揺るがぬ地位を誇る。だが、自治体の買い替え需要に依存する消防車市場は、地方自治体の財政悪化によって1990年代後半以降頭打ち。90年代半ばまで国内に年間1500台程度あった需要は、近年1000台強という低水準で推移している。

この状況下、モリタは前2012年3月期に過去最高の営業利益を達成したとみられる。主力の消防車が苦戦する中、業績を押し上げたのは、スプリネックスと消火器の2本柱からなる防災事業だ。


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT