イギリス 矛盾の力 進化し続ける政治経済システム 岐部秀光著 ~“目からウロコ”の現代イギリス論

イギリス 矛盾の力 進化し続ける政治経済システム 岐部秀光著 ~“目からウロコ”の現代イギリス論

評者 塩田 潮 ノンフィクション作家

日本で政権交代が行われた2009年の夏、当時の民主党の菅直人代表代行(後に首相)と小沢一郎幹事長が別々にロンドンに出かけた。後の政権運営に活かすために、議院内閣制の母国で「ウエストミンスター・モデル」と呼ばれる政治・行政システムと運用の実態、選挙制度などを学ぶのが目的だった。

日本経済新聞ロンドン欧州総局の記者だった著者は、両氏が面会した政府要人や政治家を訪ね歩き、会談内容を取材した。

以後の民主党政権の迷走を重ね合わせ、「イギリスびいきの民主党の幹部たちは、ウエストミンスター・モデルのシステムを細部まで研究したが、その運用の知恵を学びそこねた。いったい彼らは何を見落としたのだろう」(序章)と書く。本書執筆の出発点の一つとなった。

今夏のオリンピックの開催都市はロンドンだが、日本と同様に大陸と向き合う大国の島国が今、世界の注目を集めている。

EUに加盟しながら通貨統合を拒否してユーロ危機の直撃を免れ、国債の格付けも最上位をキープする。他方、「二大政党政治のモデル」と言われてきたのに、2年前、65年ぶりに連立政権を誕生させた。さらに昨年夏、説明不能のロンドン暴動が発生し、世界を驚かせた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
最新! 危うい会社リスト<br>7つの指標で徹底解析

高成長会社と危ない会社は紙一重。業績順調な企業も先行きは安心できません。突然巨額赤字に陥る、そもそも行き詰まっているなど、将来リスクを抱える会社を多様な切り口でリストアップしました。7つの指標であなたにも見分けられます。