東芝、役員の賠償責任の調査で委員会設置

現旧の取締役と執行役員が対象

 9月17日、東芝は不正会計に関与した現旧経営陣の責任を調査する責任調査委員会を設置したと発表した。写真は東芝本社。14日撮影(2015年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 17日 ロイター] - 東芝<6502.T>は17日、不正会計に関与した現旧経営陣の責任を調査する責任調査委員会を設置したと発表した。利益水増し操作が行われた2009年3月期から2014年4―12月期までの取締役と執行役が対象。

同社は、委員会からの報告に基づき、会社法423条に基づく損害賠償請求の責任の有無を調べ、必要に応じて提訴する。

委員会は同日付で設置し、調査作業を始める。調査委員会は、元札幌高裁長官の大内捷司氏を委員長として、3人の弁護士が務める。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 北朝鮮ニュース
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小売り、外食…<br>値決めの勝者と敗者

値下げをすれば客が来る、値上げをすれば客が減るという常識が通用しない。「65円靴下」などの激安セールでも客離れに泣くしまむら。一方で、壱番屋やリンガーハットは値上げをしても客足は遠のかない。勝敗の分岐点はどこにあるのか。