東芝、役員の賠償責任の調査で委員会設置

現旧の取締役と執行役員が対象

 9月17日、東芝は不正会計に関与した現旧経営陣の責任を調査する責任調査委員会を設置したと発表した。写真は東芝本社。14日撮影(2015年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 17日 ロイター] - 東芝<6502.T>は17日、不正会計に関与した現旧経営陣の責任を調査する責任調査委員会を設置したと発表した。利益水増し操作が行われた2009年3月期から2014年4―12月期までの取締役と執行役が対象。

同社は、委員会からの報告に基づき、会社法423条に基づく損害賠償請求の責任の有無を調べ、必要に応じて提訴する。

委員会は同日付で設置し、調査作業を始める。調査委員会は、元札幌高裁長官の大内捷司氏を委員長として、3人の弁護士が務める。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。