東芝、役員の賠償責任の調査で委員会設置

現旧の取締役と執行役員が対象

 9月17日、東芝は不正会計に関与した現旧経営陣の責任を調査する責任調査委員会を設置したと発表した。写真は東芝本社。14日撮影(2015年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 17日 ロイター] - 東芝<6502.T>は17日、不正会計に関与した現旧経営陣の責任を調査する責任調査委員会を設置したと発表した。利益水増し操作が行われた2009年3月期から2014年4―12月期までの取締役と執行役が対象。

同社は、委員会からの報告に基づき、会社法423条に基づく損害賠償請求の責任の有無を調べ、必要に応じて提訴する。

委員会は同日付で設置し、調査作業を始める。調査委員会は、元札幌高裁長官の大内捷司氏を委員長として、3人の弁護士が務める。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT