東芝、役員の賠償責任の調査で委員会設置

現旧の取締役と執行役員が対象

 9月17日、東芝は不正会計に関与した現旧経営陣の責任を調査する責任調査委員会を設置したと発表した。写真は東芝本社。14日撮影(2015年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 17日 ロイター] - 東芝<6502.T>は17日、不正会計に関与した現旧経営陣の責任を調査する責任調査委員会を設置したと発表した。利益水増し操作が行われた2009年3月期から2014年4―12月期までの取締役と執行役が対象。

同社は、委員会からの報告に基づき、会社法423条に基づく損害賠償請求の責任の有無を調べ、必要に応じて提訴する。

委員会は同日付で設置し、調査作業を始める。調査委員会は、元札幌高裁長官の大内捷司氏を委員長として、3人の弁護士が務める。

人気記事
トピックボードAD
  • 経済学で読み解く現代社会のリアル
  • 家族会議のすすめ
  • 女性の美学
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
銀行 破壊と再生

リテール部門が苦境に陥るメガバンク。偽りの優等生・スルガ銀行では不正が蔓延。金融庁新長官曰く「ビジネスモデルを変えていく自主性が感じられない」。変革へのラストチャンス。