世界トップの燃費性能で人気!トヨタの新型HV車「アクア」開発者に聞く


 現行プリウスの発売から3年、アクアにはその間の技術進化を存分に投入している。具体的な数値はいえないが、レアアースやレアメタルの使用量も大幅に減らしている。またプリウスとの共通部品は少なく、新設計が多いが、プリウスと同じ生産工程で作れるように工夫した。

−−アクアは北米やアジアなど海外でも販売を計画しているが、特に北米向けには室内空間が狭すぎるのではないか。

アクアはサブコンパクト(全長4メートル程度)のクラスでは室内が最も広い。米フォード「フィエスタ」や独フォルクスワーゲン「ポロ」、プジョー「207」などにも勝る。リアシートもしっかり作りこんでおり、室内の快適性はアクアの売りの一つだ。海外市場でも受け入れられると考えている。

(並木 厚憲 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 白馬通年リゾートへの道
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング