世界トップの燃費性能で人気!トヨタの新型HV車「アクア」開発者に聞く


 現行プリウスの発売から3年、アクアにはその間の技術進化を存分に投入している。具体的な数値はいえないが、レアアースやレアメタルの使用量も大幅に減らしている。またプリウスとの共通部品は少なく、新設計が多いが、プリウスと同じ生産工程で作れるように工夫した。

−−アクアは北米やアジアなど海外でも販売を計画しているが、特に北米向けには室内空間が狭すぎるのではないか。

アクアはサブコンパクト(全長4メートル程度)のクラスでは室内が最も広い。米フォード「フィエスタ」や独フォルクスワーゲン「ポロ」、プジョー「207」などにも勝る。リアシートもしっかり作りこんでおり、室内の快適性はアクアの売りの一つだ。海外市場でも受け入れられると考えている。

(並木 厚憲 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • グローバルアイ
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT