世界トップの燃費性能で人気!トヨタの新型HV車「アクア」開発者に聞く


 現行プリウスの発売から3年、アクアにはその間の技術進化を存分に投入している。具体的な数値はいえないが、レアアースやレアメタルの使用量も大幅に減らしている。またプリウスとの共通部品は少なく、新設計が多いが、プリウスと同じ生産工程で作れるように工夫した。

−−アクアは北米やアジアなど海外でも販売を計画しているが、特に北米向けには室内空間が狭すぎるのではないか。

アクアはサブコンパクト(全長4メートル程度)のクラスでは室内が最も広い。米フォード「フィエスタ」や独フォルクスワーゲン「ポロ」、プジョー「207」などにも勝る。リアシートもしっかり作りこんでおり、室内の快適性はアクアの売りの一つだ。海外市場でも受け入れられると考えている。

(並木 厚憲 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT