未踏の野を過ぎて 渡辺京二著

未踏の野を過ぎて 渡辺京二著

『逝きし世の面影』や『黒船前夜』の著者によるエッセー集。書名でもある熊本日日新聞への連載は、どの回も世相風潮を批判し世直しに貢献したいという心情が通底している。不況と経済成長への根源的疑問、世代を超えたしゃべり方(「あげる」の乱用、語尾のはね上げなど)への嫌悪、街路樹剪定から樹木についての思い、反秩序主義批判など。ささいな現象のようでいてどれも時代の貧困を突いて、納得するところが多い。

一方、「前近代は不幸だったか」とするエッセー数編では死、身分制、家業と街並みなど、捨て去られた制度や慣習、考え方に貴重な意味があったと鋭く問題提起している。巻頭の「無常こそわが友」では、大震災に対してメディアや人々が、幕末以来の国難だとか日本は立ち直れるのか、と大騒ぎするのは理解に苦しんだとし、今回の災害ごときで動顛してご先祖様に顔向けできるかと問うている。確かに「万事は今後にかかっている」のだろう。(純)

弦書房 2100円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。