下山の思想 五木寛之著

下山の思想 五木寛之著

少子高齢化、膨らむ国の借金、一向に減らない自殺者など、人々を取り巻く環境に明るい材料は見当たらない。

著者は、戦後の復興と高度経済成長を「登山の時代」だとするならば、現在の状況を「下山の時代」だと見なす。そして、地震と原発事故は、下山中に大きな雪崩に見舞われたようなものだと記す。しかし、下山とは決してあきらめの行動ではなく、下山には下山のよさがあるとも説く。登山中は必死なため見られなかったような、美しい景色も眺められる。次の登山への夢も思い描けるだろうと。

実り多い豊かな下山をするためにはどうしたらいいのか。震災直前から震災以降の、日本に対する著者の思いを託したエッセー集。

幻冬舎新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。