下山の思想 五木寛之著

下山の思想 五木寛之著

少子高齢化、膨らむ国の借金、一向に減らない自殺者など、人々を取り巻く環境に明るい材料は見当たらない。

著者は、戦後の復興と高度経済成長を「登山の時代」だとするならば、現在の状況を「下山の時代」だと見なす。そして、地震と原発事故は、下山中に大きな雪崩に見舞われたようなものだと記す。しかし、下山とは決してあきらめの行動ではなく、下山には下山のよさがあるとも説く。登山中は必死なため見られなかったような、美しい景色も眺められる。次の登山への夢も思い描けるだろうと。

実り多い豊かな下山をするためにはどうしたらいいのか。震災直前から震災以降の、日本に対する著者の思いを託したエッセー集。

幻冬舎新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 見過ごされる若者の貧困
  • iPhoneの裏技
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT