20世紀をつくった経済学 シュンペーター、ハイエク、ケインズ 根井雅弘著

20世紀をつくった経済学 シュンペーター、ハイエク、ケインズ 根井雅弘著

経済思想史を専門にする著者がシュンペーター、ハイエク、ケインズという20世紀経済学の3巨星を取り上げ、彼らの思想や理論を中高生にもわかるようにできるだけわかりやすく解説する。

「企業者」によるイノベーションの遂行が経済発展をもたらすと論じたシュンペーター、徹底した自由主義で知られるハイエク、マクロ経済学を確立させたケインズ。20世紀を作ったといわれる彼らは何をどう考えたのか、苦闘した思想の跡をたどりながら、資本主義の本質を問い直す。

また「原理主義」に陥ることの危険性を繰り返し指摘し、「経済思想」の多様性を尊重しながら、他者との相互交流、切磋琢磨によって自らを向上させる重要性を説く。

ちくまプリマー新書 714円

  

関連記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「脱ファッション」が進む<br>渋谷の街の最前線

渋カジ、コギャルなど若者ファッションの聖地だった渋谷。ここが100年に1度の大規模再開発で、オフィスや飲食店が増えアパレル店舗が減少しているのだ。来年エンタメビルとして生まれ変わるSHIBUYA109など、変わりゆく街の今を追う。