20世紀をつくった経済学 シュンペーター、ハイエク、ケインズ 根井雅弘著

20世紀をつくった経済学 シュンペーター、ハイエク、ケインズ 根井雅弘著

経済思想史を専門にする著者がシュンペーター、ハイエク、ケインズという20世紀経済学の3巨星を取り上げ、彼らの思想や理論を中高生にもわかるようにできるだけわかりやすく解説する。

「企業者」によるイノベーションの遂行が経済発展をもたらすと論じたシュンペーター、徹底した自由主義で知られるハイエク、マクロ経済学を確立させたケインズ。20世紀を作ったといわれる彼らは何をどう考えたのか、苦闘した思想の跡をたどりながら、資本主義の本質を問い直す。

また「原理主義」に陥ることの危険性を繰り返し指摘し、「経済思想」の多様性を尊重しながら、他者との相互交流、切磋琢磨によって自らを向上させる重要性を説く。

ちくまプリマー新書 714円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。