20世紀をつくった経済学 シュンペーター、ハイエク、ケインズ 根井雅弘著

20世紀をつくった経済学 シュンペーター、ハイエク、ケインズ 根井雅弘著

経済思想史を専門にする著者がシュンペーター、ハイエク、ケインズという20世紀経済学の3巨星を取り上げ、彼らの思想や理論を中高生にもわかるようにできるだけわかりやすく解説する。

「企業者」によるイノベーションの遂行が経済発展をもたらすと論じたシュンペーター、徹底した自由主義で知られるハイエク、マクロ経済学を確立させたケインズ。20世紀を作ったといわれる彼らは何をどう考えたのか、苦闘した思想の跡をたどりながら、資本主義の本質を問い直す。

また「原理主義」に陥ることの危険性を繰り返し指摘し、「経済思想」の多様性を尊重しながら、他者との相互交流、切磋琢磨によって自らを向上させる重要性を説く。

ちくまプリマー新書 714円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。