20世紀をつくった経済学 シュンペーター、ハイエク、ケインズ 根井雅弘著

20世紀をつくった経済学 シュンペーター、ハイエク、ケインズ 根井雅弘著

経済思想史を専門にする著者がシュンペーター、ハイエク、ケインズという20世紀経済学の3巨星を取り上げ、彼らの思想や理論を中高生にもわかるようにできるだけわかりやすく解説する。

「企業者」によるイノベーションの遂行が経済発展をもたらすと論じたシュンペーター、徹底した自由主義で知られるハイエク、マクロ経済学を確立させたケインズ。20世紀を作ったといわれる彼らは何をどう考えたのか、苦闘した思想の跡をたどりながら、資本主義の本質を問い直す。

また「原理主義」に陥ることの危険性を繰り返し指摘し、「経済思想」の多様性を尊重しながら、他者との相互交流、切磋琢磨によって自らを向上させる重要性を説く。

ちくまプリマー新書 714円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT