50歳を超えても30代に見える生き方 南雲吉則著

50歳を超えても30代に見える生き方 南雲吉則著

医学博士である著者は、現在56歳。体の各部の年齢を調べたところ、脳年齢38、骨年齢28、血管年齢26歳の若さだったという。この本のカバーにある写真を見ても、確かに56歳とは思えないほど若々しい。なぜ、こうした肉体が保てるのか。自身が実践しているアンチエイジングの秘訣を披露している。

何よりも大切なのが食事の内容と生活習慣の改善。食事に関しては、「丸ごと全部食べる」ことを勧める。魚なら頭から尻尾まで、穀物は全粒で、野菜は、葉ごと、皮ごと、根っこごと食べる。そうすれば、豊富な栄養が取れるという。著者が毎日飲んでいる、コレステロールを分解し、利尿作用を促す「ごぼう茶」の作り方も掲載。

講談社+α新書 920円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ひとりの贅沢空間~週末に聴きたい名盤
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。