50歳を超えても30代に見える生き方 南雲吉則著

50歳を超えても30代に見える生き方 南雲吉則著

医学博士である著者は、現在56歳。体の各部の年齢を調べたところ、脳年齢38、骨年齢28、血管年齢26歳の若さだったという。この本のカバーにある写真を見ても、確かに56歳とは思えないほど若々しい。なぜ、こうした肉体が保てるのか。自身が実践しているアンチエイジングの秘訣を披露している。

何よりも大切なのが食事の内容と生活習慣の改善。食事に関しては、「丸ごと全部食べる」ことを勧める。魚なら頭から尻尾まで、穀物は全粒で、野菜は、葉ごと、皮ごと、根っこごと食べる。そうすれば、豊富な栄養が取れるという。著者が毎日飲んでいる、コレステロールを分解し、利尿作用を促す「ごぼう茶」の作り方も掲載。

講談社+α新書 920円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 買わない生活
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT