50歳を超えても30代に見える生き方 南雲吉則著

50歳を超えても30代に見える生き方 南雲吉則著

医学博士である著者は、現在56歳。体の各部の年齢を調べたところ、脳年齢38、骨年齢28、血管年齢26歳の若さだったという。この本のカバーにある写真を見ても、確かに56歳とは思えないほど若々しい。なぜ、こうした肉体が保てるのか。自身が実践しているアンチエイジングの秘訣を披露している。

何よりも大切なのが食事の内容と生活習慣の改善。食事に関しては、「丸ごと全部食べる」ことを勧める。魚なら頭から尻尾まで、穀物は全粒で、野菜は、葉ごと、皮ごと、根っこごと食べる。そうすれば、豊富な栄養が取れるという。著者が毎日飲んでいる、コレステロールを分解し、利尿作用を促す「ごぼう茶」の作り方も掲載。

講談社+α新書 920円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大物経営者でも容赦なし<br>株主総会で支持率低下続出

LIXILグループなど、株主総会における株主提案が存在感を増している。取締役選任決議を独自に調査し、否決5人を含む賛成率の低い30人と、対前年で賛成率悪化幅の大きい200人のリストを掲載。社外取締役に対する株主の視線は厳しい。