ビジネスパーソンのための 契約の教科書 福井健策著

ビジネスパーソンのための 契約の教科書 福井健策著

ネット上のサービスを利用するとき、「同意する」を簡単にクリックしがち。投稿サイトの利用規約には「投稿した映像・発言のあらゆる流用や改変を永久・無償で許す」との「契約」さえ普通にある。

国際メディア契約に詳しい著者は、「契約黄金則」として、「契約書は読むためにある」「『明確』で『網羅的』か」「契約書はコスト。コストパフォーマンスの意識を持つ」の三つを掲げる。「契約書に署名捺印しない限り、契約は成立しない」「『契約書』か『覚書』か、タイトルで効力が変わる」「『仮契約』は『本契約』の時ほど真剣に検討する必要はない」、このうち一つでも正しいと思う人は、あらためて「教科書」を読む必要があるという。

文春新書 788円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 占いのオモテとウラ
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT