シャープ希望退職、3500人枠に3234人応募

特損243億円計上へ

 8月21日、シャープは、45歳―59歳の国内社員を対象に募集していた希望退職が3234人になったと発表した。都内で2013年3月撮影(2015年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 21日 ロイター] - シャープ<6753.T>は21日、45歳―59歳の国内社員を対象に募集していた希望退職が3234人になったと発表した。国内連結従業員2万4000人の13%に相当する。

2012年に募集して以来の希望退職で、3年間の国内従業員の削減数は6000人を超える。

退職関連費用で2015年4―9月期決算で243億円の特別損失を計上する。今回の人員削減による固定費削減効果は16年3月期に150億円を見込む。シャープは今回の特損を織り込み済みとしているが、16年3月期の当期純損益の予想は開示していない。

希望退職は、7月27日から8月4日まで募集していた。定員は3500人で特損は350億円を想定していたが、募集した人数はこれに達しなかった。9月30日付で退職する。

同社は12年12月にも40歳以上の国内従業員を対象に希望退職を実施し、当時の国内連結従業員2万8300人の10%強に相当する2960人が退職した。当時は、定員の2000人を大幅に上回る応募があり、募集期間を前倒しして締め切った。

 

(村井令二 編集:田中志保)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • インフレが日本を救う
  • コロナショック、企業の針路
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。