体制維新--大阪都 橋下徹、堺屋太一著

体制維新--大阪都 橋下徹、堺屋太一著

大阪都構想は平成維新の尖兵、日本を改めるモデルケースだと著者たちは言う。

今までの政治は、リンゴを育てる農園を耕すことに力を入れず、リンゴを渡す話ばかりをしてきた。リンゴはいずれ渡すが、今必要なのは農園の土をしっかり耕すこと、リンゴのなる仕組み、システムをしっかりと作り直すことだ。土を耕す仕事は地味でしんどい。しかし、大阪の土を今、ここで耕さなければ、大阪だけでなく、日本全国で、もうリンゴは二度とできなくなる、とも説く。

経済の低迷が続く要因は、古い既得権構造にある。大阪府を都に改編し、再生を図ることで、道州制への火付け役も担おうと、著者二人が意気投合する。

文春新書 893円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。