体制維新--大阪都 橋下徹、堺屋太一著

体制維新--大阪都 橋下徹、堺屋太一著

大阪都構想は平成維新の尖兵、日本を改めるモデルケースだと著者たちは言う。

今までの政治は、リンゴを育てる農園を耕すことに力を入れず、リンゴを渡す話ばかりをしてきた。リンゴはいずれ渡すが、今必要なのは農園の土をしっかり耕すこと、リンゴのなる仕組み、システムをしっかりと作り直すことだ。土を耕す仕事は地味でしんどい。しかし、大阪の土を今、ここで耕さなければ、大阪だけでなく、日本全国で、もうリンゴは二度とできなくなる、とも説く。

経済の低迷が続く要因は、古い既得権構造にある。大阪府を都に改編し、再生を図ることで、道州制への火付け役も担おうと、著者二人が意気投合する。

文春新書 893円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大論争! 財政再建か財政拡張か<br>消費増税延期論やMMT台頭も

株価急落と国内景気の減速で、消費増税の延期論が勃発した。根強く残る財政拡張派の主張は正しいのか。世界的な低金利の継続で台頭したMMT(現代貨幣理論)を含め、争点を検証する。小峰隆夫氏ら4人のエコノミストによる座談会も収録。