体制維新--大阪都 橋下徹、堺屋太一著

体制維新--大阪都 橋下徹、堺屋太一著

大阪都構想は平成維新の尖兵、日本を改めるモデルケースだと著者たちは言う。

今までの政治は、リンゴを育てる農園を耕すことに力を入れず、リンゴを渡す話ばかりをしてきた。リンゴはいずれ渡すが、今必要なのは農園の土をしっかり耕すこと、リンゴのなる仕組み、システムをしっかりと作り直すことだ。土を耕す仕事は地味でしんどい。しかし、大阪の土を今、ここで耕さなければ、大阪だけでなく、日本全国で、もうリンゴは二度とできなくなる、とも説く。

経済の低迷が続く要因は、古い既得権構造にある。大阪府を都に改編し、再生を図ることで、道州制への火付け役も担おうと、著者二人が意気投合する。

文春新書 893円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 占いのオモテとウラ
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT