「上から目線」の構造 榎本博明 著

「上から目線」の構造 榎本博明 著

あなたの周りにも、上司や大ベテランからの物言いに対して、「上から目線」だと言って不機嫌になる人がいないだろうか。

なぜ、彼らは上から目線が気になるのか。心理学者である著者が、そんな人たちの心理構造を解明。そこには、自信の有無、本物のプライドと偽物のプライド、劣等コンプレックスなど、人の弱さが関係しているという。経験者による忠告に対して拒否反応を示す人たちは、上から目線を含む多様なコミュニケーションに慣れていないのだ。

こうしたことから、人間関係力の乏しい最近の若者の実態を明らかにするとともに、本音を出しにくい現代社会の様相、さらには日本独自の恥の文化にまで話が及ぶ。

日経プレミアシリーズ 893円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。