「上から目線」の構造 榎本博明 著

「上から目線」の構造 榎本博明 著

あなたの周りにも、上司や大ベテランからの物言いに対して、「上から目線」だと言って不機嫌になる人がいないだろうか。

なぜ、彼らは上から目線が気になるのか。心理学者である著者が、そんな人たちの心理構造を解明。そこには、自信の有無、本物のプライドと偽物のプライド、劣等コンプレックスなど、人の弱さが関係しているという。経験者による忠告に対して拒否反応を示す人たちは、上から目線を含む多様なコミュニケーションに慣れていないのだ。

こうしたことから、人間関係力の乏しい最近の若者の実態を明らかにするとともに、本音を出しにくい現代社会の様相、さらには日本独自の恥の文化にまで話が及ぶ。

日経プレミアシリーズ 893円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT