中国ビジネスに失敗しない7つのポイント 杉田 敏 著

中国ビジネスに失敗しない7つのポイント 杉田 敏 著

一味違った中国ビジネスの指南書だ。中国で情報発信を行う際の勘所を、現地メディアの特質、異文化コミュニケーションをベースに解説する。具体的でわかりやすいが、問題はどう実践していくかだ。

尊敬できる企業ベスト50に日系企業は一社も入っていないという調査結果もあるという。「負の遺産」に神経を使い、反日メッセージ、触れてはいけないタブーに敏感にならざるをえない。そのうえで、いかにうまく中国メディアと付き合いつつ、中国人特有の金銭感覚、心理構造をビジネスに取り入れていくか、教授してくれる。

危機は必ず起きると心掛けよと説く。メディアは「記者の日」があるほどに社会的な地位が高い。本格的に市場開拓をしようとするならば、メディアとの日頃の接触は欠かせない。問題の予兆を早期に発見するうえでもそれは好都合、とも。ボーイスカウト並みの「備えよ、つねに」の標語に準じた広報活動を勧める。

角川書店 1680円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。