清貧と復興 出町譲著

清貧と復興 出町譲著

「増税の前に行革を」の声の高まりとともに、臨調(第二次臨時行政調査会1981~82年)、行革審(臨時行政改革推進審議会83~86年)で会長として辣腕を振るった土光敏夫(元東芝社長・経団連会長)の人と行動に注目が集まっている。本書は土光の100の「至言」から学ぼうという。

土光行革は、「活力ある福祉社会の建設」と「国際社会に対する積極的貢献」を行政の2大目標にし、前提として「増税なき財政再建」の基本方針を厳守して、国民負担比率の上昇を極力抑制しつつ、行財政の改革をやり遂げようとした。

土光本人はぜいたくを嫌い、社長時代も生活費は月3万円だったという。現代日本の危機において頼れる人物を歴史上に求めるのは、いかにもふがいないが、土光から何を学ぶか。著者が言うように「土光のDNAは今も日本中に存在している。ただ、それがいまだ巨大なパワーとはなっていないだけだ」という指摘を信じたいものだ。

文芸春秋 1400円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT