清貧と復興 出町譲著

清貧と復興 出町譲著

「増税の前に行革を」の声の高まりとともに、臨調(第二次臨時行政調査会1981~82年)、行革審(臨時行政改革推進審議会83~86年)で会長として辣腕を振るった土光敏夫(元東芝社長・経団連会長)の人と行動に注目が集まっている。本書は土光の100の「至言」から学ぼうという。

土光行革は、「活力ある福祉社会の建設」と「国際社会に対する積極的貢献」を行政の2大目標にし、前提として「増税なき財政再建」の基本方針を厳守して、国民負担比率の上昇を極力抑制しつつ、行財政の改革をやり遂げようとした。

土光本人はぜいたくを嫌い、社長時代も生活費は月3万円だったという。現代日本の危機において頼れる人物を歴史上に求めるのは、いかにもふがいないが、土光から何を学ぶか。著者が言うように「土光のDNAは今も日本中に存在している。ただ、それがいまだ巨大なパワーとはなっていないだけだ」という指摘を信じたいものだ。

文芸春秋 1400円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。