公安は誰をマークしているか 大島真生著

公安は誰をマークしているか 大島真生著

公安警察の主な任務は、国家体制を脅かす組織の取り締まりである。具体的には、暴力革命やテロ、ゲリラを企てる組織を壊滅させ、外国からのスパイや工作員を摘発することが任務となる。

日本の公安警察の中でも、人員、経験、ノウハウなど、あらゆる点で最強といわれるのが警視庁公安部である。過激派や右翼の取り締まりに始まり、オウム事件、北朝鮮の日本人拉致事件、果てはロシアスパイとの対決まで、警視庁公安部の各セクションが誰を捜査対象にし、どんな捜査手法を使ってテロリストたちを検挙していくのかを追っている。

仕事柄、秘密主義を貫く公安警察の知られざる実態を、新聞記者が解き明かす。

新潮新書 756円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT