公安は誰をマークしているか 大島真生著

公安は誰をマークしているか 大島真生著

公安警察の主な任務は、国家体制を脅かす組織の取り締まりである。具体的には、暴力革命やテロ、ゲリラを企てる組織を壊滅させ、外国からのスパイや工作員を摘発することが任務となる。

日本の公安警察の中でも、人員、経験、ノウハウなど、あらゆる点で最強といわれるのが警視庁公安部である。過激派や右翼の取り締まりに始まり、オウム事件、北朝鮮の日本人拉致事件、果てはロシアスパイとの対決まで、警視庁公安部の各セクションが誰を捜査対象にし、どんな捜査手法を使ってテロリストたちを検挙していくのかを追っている。

仕事柄、秘密主義を貫く公安警察の知られざる実態を、新聞記者が解き明かす。

新潮新書 756円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT