公安は誰をマークしているか 大島真生著

公安は誰をマークしているか 大島真生著

公安警察の主な任務は、国家体制を脅かす組織の取り締まりである。具体的には、暴力革命やテロ、ゲリラを企てる組織を壊滅させ、外国からのスパイや工作員を摘発することが任務となる。

日本の公安警察の中でも、人員、経験、ノウハウなど、あらゆる点で最強といわれるのが警視庁公安部である。過激派や右翼の取り締まりに始まり、オウム事件、北朝鮮の日本人拉致事件、果てはロシアスパイとの対決まで、警視庁公安部の各セクションが誰を捜査対象にし、どんな捜査手法を使ってテロリストたちを検挙していくのかを追っている。

仕事柄、秘密主義を貫く公安警察の知られざる実態を、新聞記者が解き明かす。

新潮新書 756円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT