「政治主導」の落とし穴 立法しない議員、伝えないメディア 清水克彦著

「政治主導」の落とし穴 立法しない議員、伝えないメディア 清水克彦著

迷走を繰り返す政治に何が欠けているのか。

長いスパンで考えれば、「政治主導」や「脱官僚」を政治目標に掲げる以上、与野党を問わず、議員個々の政策立案能力を育成することが重要であり、特に与党は、官僚の排除ではなく、専門知識に秀でた官僚を使い切るだけの力を持つことが急務だ。

同時に、監視およびチェックが使命のマスメディアにも問題がある。福島第一原発事故の深刻な事態が明らかになるまでに時間を要したのは、当初、メディア各社が、「炉心溶融はない」「直ちに人体に影響はない」などとした政府発表を、そのまま報道したからにほかならない。

議員立法の重要性を説き、メディアのあり方を問う。

平凡社新書 819円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT