なりふり構わぬ任天堂、ソニーからモンスターハンターを奪取

なりふり構わぬ任天堂、ソニーからモンスターハンターを奪取

ゲームソフト大手のカプコンは、『モンスターハンター(モンハン)3G』を任天堂の携帯ゲーム機「ニンテンドー3DS」で12月に発売すると発表した。

モンハンは友人と協力して巨大モンスターを倒すゲーム。シリーズ累計販売本数は1800万本を誇り、今やゲーム機の売れ行きを左右するビッグタイトルだ。

昨年末、ソニー・コンピュータエンタテインメントの携帯ゲーム機「プレイステーションポータブル(PSP)」で発売した『モンスターハンターポータブル3rd』の販売は470万本を突破。同作発売週のPSP販売台数は歴代最高の32・7万台(エンターブレイン調べ)を記録し、売り場で品切れが相次いだ。「3DSも恩恵を受ける可能性が高い」(岡三証券の森田正司アナリスト)。

3DSの売れ行きは芳しくない。6月末の累計販売台数は432万台。1億4000万台を売ったニンテンドーDSの後継機にしては、「期待したスピードでは広がっていない」(岩田聡社長)。2011年4~6月期は四半期決算初の営業赤字を計上した。

8月には、発売からわずか半年で異例の1万円値下げ。1万5000円となり、販売はやや持ち直したが、量産効果が出る前の値下げで、3DSハード単体の損益は赤字だ。

次の次も3DS

それだけに、モンハンへの期待は大きい。任天堂はカプコンに対して、熱烈なオファーをしたもようだ。「操作感がPSPでのヒットの一因」(森田アナリスト)だったことから、3DSに装着すると操作性がよくなる「拡張スライドパッド」をわざわざ開発。3Gと同日発売するところに必死さが垣間見える。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 中学受験のリアル
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。