どうする?日本企業 三品和広著

どうする?日本企業 三品和広著

六つの章のタイトル「本当に○○ですか?」が刺激的だ。○○に「成長戦略」「イノベーション」「品質」「滲(にじ)み出し」「新興国」「集団経営」が入るのだが、どれも意味深長で食指が動く。期待は裏切られない。成長やイノベーションや品質は戦後日本の絶対的目標である。その呪縛にとらわれた日本企業は「立地」戦略をおろそかにし、目標のわなにはまり込んで止めどもなく弱体化を続けている。

世界を席巻したセイコーのクオーツはマーケティングなきイノベーションによって自滅し、工芸品としてのピアノの世界に工業品を持ち込み王座を得たはずのヤマハは新興国の追い上げに敗れた。具体的分析を読み進むと、重大で意外性十分な経営学の神髄も待ち構えている。アップルのように「飛び地」だろうと、「自社のやりたい仕事を精密に定める」ことが経営戦略の第一歩だとする指摘は鋭い。 産業、企業、どうもおかしいと感じている人には格好の書。(純)

東洋経済新報社 1680円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。