岩田聡社長は「ゲーム人生」を駆け抜けた

娯楽の王国を守った経営者の功績とは?

一方、任天堂がもがき続けるさなか、ゲーム業界では、スマホゲームへのシフトが鮮明となっていた。任天堂に「『スーパーマリオ』をスマホゲームで展開すべき」という外部からの声が強まった。参入に慎重だった岩田だが、2014年にはスマホゲーム開発に言及するようになり、今年はDeNAとの提携を発表。年内に1本のリリースを控える中での急逝だった。

岩田の後任社長は決まっていない。代わりに、代表取締役専務を務める竹田玄洋(66)と宮本茂(62)の二頭体制で、経営を指揮する。ただし、竹田はゲーム専用機の開発を統括する立場で、経営に明るいとは言いがたい。対する宮本も『スーパーマリオ』『ゼルダの伝説』を生んだスーパーゲームクリエーターだが、「天才肌で経営者タイプではない」(ゲーム会社首脳)。

次世代ゲーム機の開発は従来路線の自社ハードとソフトとの融合だけでは完結しなくなっている。任天堂自身、スマホを通じたネットワークとの連携を強める方針を掲げ、今後はDeNAが深くかかわることになるだろう。

これまで岩田は経営全般に加え、海外事業や外部会社とのやり取りを一手に引き受けてきた。55歳という若すぎる経営者の死は、任天堂にとって、過去最大の難局なのかもしれない。=敬称略=

「週刊東洋経済」2015年7月25日号<21日発売>「核心リポート02」を転載)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT