有料会員限定

ハンセン病問題の啓発に沢知恵が人生を懸ける訳 コンサートで稼ぎながら全国の療養所をめぐる

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3
拡大
縮小

ひと烈風録【下編】

シンガーソングライターの沢知恵氏
大島青松園の入所者、東條高さんと一緒に歌の練習。東條さんは赤子の頃の沢知恵を知る「大島の父」(撮影:大月えり奈)

特集「ひと烈風録」の他の記事を読む

『週刊東洋経済』5月25日号の「ひと烈風録」は沢知恵。東京芸術大学時代にメジャーデビューを果たした大型新人だったにもかかわらず、商業至上主義から離脱した。人と社会を正直に歌う歌手、そして音楽文化研究者でもある。
※ひと烈風録【中編】はこちら
週刊東洋経済 2024年5/25号(中小企業大廃業時代の処方箋)[雑誌]
『週刊東洋経済 2024年5/25号(中小企業大廃業時代の処方箋)[雑誌]』(東洋経済新報社)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。定期購読の申し込みはこちら

沢知恵がハンセン病との関わりを持ったのは生後6カ月。71年、父・正彦が沢を連れて瀬戸内海の大島青松園を訪ねたのだ。

当時ハンセン病はすでに薬で治る病気になっていたが、国の強制隔離政策は続いており、社会には差別と偏見が根強く残っていた。だが父は、正確な知識とキリスト教の友愛の精神で入所者たちと向き合う。周囲の反対を振り切って娘と園に入った。

断種・堕胎まで強いられた経験を持つ入所者たちは、赤子の沢を遠目に眺めていた。すると父は、彼らに娘と触れ合うよう促し、抱っこをさせる。

沢に、そのときの記憶は残っていない。だが、この出来事が沢の人生に大きな影響を与えた。

「故郷」となった大島

最愛の父が大切にしていた療養所の人たち。自分の目で、つながりを確認したかった。らい予防法が廃止された96年、沢は約20年ぶりに大島を再訪。桟橋に着いた途端、入所者たちが集まってきた。

「知恵ちゃーん!」「お帰り!」

年月が経っても覚えていてくれた。大島は沢の「故郷」になった。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内