有料会員限定

沢知恵がメジャーデビュー6年で選んだ独立の道 東京芸術大学の受験に反対した父が遺した言葉

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3
拡大
縮小

ひと烈風録【中編】

シンガーソングライターの沢知恵氏
ハンセン病問題について「社会の差別と偏見は今なお残っている」と語る沢知恵。長年、演奏や講演を通して啓発を続けている(撮影:大月えり奈)

特集「ひと烈風録」の他の記事を読む

『週刊東洋経済』5月25日号の「ひと烈風録」は沢知恵。東京芸術大学時代にメジャーデビューを果たした大型新人だったにもかかわらず、商業至上主義から離脱した。人と社会を正直に歌う歌手、そして音楽文化研究者でもある。
※ひと烈風録【上編】はこちら
週刊東洋経済 2024年5/25号(中小企業大廃業時代の処方箋)[雑誌]
『週刊東洋経済 2024年5/25号(中小企業大廃業時代の処方箋)[雑誌]』(東洋経済新報社)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。定期購読の申し込みはこちら

沢知恵は1971年2月、神奈川県川崎市で生まれた。5代にわたるクリスチャンだ。

父・正彦は戦後、韓国に留学。日本が朝鮮半島を植民地支配した贖罪(しょくざい)の意識から日韓の懸け橋になりたかった。そこで出会った母・金纓(キムヨン)と結ばれる。両親の共通点は「偽物の権威が大嫌い」。沢は、そんな両親の強い影響を受けて育つ。

牧師だった父の宣教活動で、2歳のときに韓国・ソウルへ。そこでピアノを始めた。6歳のときに米国に移り、ゴスペルと出合う。魂がぶつかり合い、全身からエネルギーがほとばしる。忘れられない衝撃を受けた。

小学校3年から東京で生活。ピアノが好きで朝から晩まで夢中になって弾いた。都立高校に入ったが、父の宣教活動で再び米国へ。ここでジャズに出合う。「このあふれるスイング、何? 譜面がないのにずっと吹き続けるってどういうこと!?」。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内