再編必至の電炉40社、電力不足に原料高も追い打ち

電炉業界に再編ののろしが上がった。5月31日、鉄鋼大手JFEスチールは、JFE条鋼、ダイワスチール、東北スチール、豊平製鋼の系列電炉4社を、2012年4月メドに統合すると発表した。統合後の粗鋼生産量は前期ベースで267万トンとなり、業界首位に立つ。

直接的な引き金を引いたのは、東日本大震災だ。仙台市宮城野区に拠点を置く東北スチールや隣接するJFE条鋼の仙台製造所は、津波などで壊滅的な被害を受け、一時操業停止に追い込まれた。復旧に向けては、4社の経営統合を前提に、生産拠点の集約など経営効率化を並行して進めている。

が、理由はそれだけではない。実は、震災以前から再編が起こるのは時間の問題とみられていた。構造的な不況によって、電炉メーカーの利益が急激に落ち込んでいるからだ(図)。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • カラダとおカネのよもやま話
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。