日本最強のペット犬は、「偶然の産物」だった

プードルが7年連続王者に輝いている理由

2つめの出来事は、ある有名人との共演だ。

2008年、ついにプードルは種類・登録数ランキングの1位に躍り出る。このころは第44代アメリカ大統領にオバマ氏が選出。そう世界が大きく動いた年だ。

真央ちゃん愛犬もプードル

このとき、プードル人気に火をつけたのが、「真央ちゃん」の愛称で親しまれるアイススケートの浅田真央選手である。

真央ちゃんはこの年、2008年3月の世界フィギュアスケート選手権の女子シングルで逆転の初優勝を遂げた。この前後、プードルで愛犬のエアロが真央ちゃんとともにクローズアップされた。

エアロと共演したアイスショーが記憶に残っている人もいるだろう。これが日本におけるプードル人気をさらに加速させたのだ。

そうはいっても、その後、かつて不動の1位だったダックスフンドや人気種のチワワなどを押さえての7年連続トップはすごい。ブームが一過性のものにならなかったということだ。

この安定した人気の裏側にある3つめの出来事が「ティーカッププードル」だ。

その名のとおり、驚異の小ささと愛らしさで、話題沸騰。まるでぬいぐるみような愛嬌と、気品のあるクルクルとした毛が魅力的。小柄なので、散歩をするにもシャンプーをするにも手間がかからず飼いやすい。

プードルは、公認されているサイズだけでスタンダード、ミディアム、ミニチュア、トイの4サイズと豊富。小さな子から大きい子まで同じ犬種なのに、さまざまなサイズのプードルと出会える。

プードルはもともと絶対的な可愛さを持っているものの、ここまでの人気は、3つの事象が重なった「偶然の産物」だったともいえるかもしれない。プードルを飼っている人でもそこまで知っている人は少ないだろう。そして、「犬を飼ってみたい」と思っているアナタ。プードルが気になったのでは?

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT