有料会員限定

「働くと読書しなくなる現象」はなぜ起こるのか 現代人にとって古典教養はもはや「ノイズ」に

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小
読書のイメージ画像
(写真:horiphoto/PIXTA)

なぜ働いていると本が読めなくなるのだろう?

学生時代は読書が好きだったのに、社会人になってから、なかなかその時間が取れなくなった。あるいは、休息の時間はあるし、スマホを触ることや簡単なゲームをすることはできるのに、骨太な名著などを能動的に読むことができない。そんな人は案外多いのではないだろうか。

過酷になった労働環境

私は普段、文芸評論家として活動しているが、会社員として働いている友人と会うとしばしば「働いていると本がなかなか読めなくて」と苦笑されることがある。わかる、私も会社員として働いていたときはそうだった、とそのたびに思う。しかし冷静になってみると、変な話である。本が読めないくらい余裕のない状態に陥らないと、働いているといえないのならば──私たちの労働環境はずいぶん過酷なものとなっている。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内