有料会員限定

TVプロデューサーが『茶の本』に学んだ仕事の極意 岡倉天心『茶の本』でプロデュース力を磨く

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小
岡倉天心『新訳 茶の本』大久保喬樹 訳
岡倉天心『新訳 茶の本』大久保喬樹 訳/KADOKAWA

テレビ番組「100分de名著」を統括するプロデューサーの仕事をするようになって、丸10年になる。その間、折に触れてコンテンツプロデュースの肝となる重要な指針を私にたたき込んでくれた1冊の名著がある。岡倉天心『茶の本』だ。

そのタイトルから茶道の指南書だろうと思われがちだが、とんでもない。これは第一級の思想書、哲学書ともいうべき著作なのである。近代欧米の物質主義的文化と対比し、東洋の伝統的精神文化の奥義を解き尽くそうという壮大な構想の下に書かれた、天心流の比較文明論といえる。

茶の精神は「虚」

読み解いていくと、建築、庭園、衣服、陶芸、絵画など、日本文化の隅々に至るまで「茶の精神」の深い影響が及んでいることがわかる。ごく日常的な営みに美や崇高さを感じ取る日本人ならではの感受性がいかにして育まれていったかを知ることもできる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内