ソフトバンク、アローラ氏に報酬165億円

孫社長の後継者候補に高額報酬

6月19日、ソフトバンクが副社長就任のアローラ氏に今年3月までに165億5600万円の報酬を支払ったことがわかった。写真は5月11日、都内で会見するアローラ氏(2015年 ロイター/ Issei Kato)

[東京 19日 ロイター] - ソフトバンクが19日公表した2014年度の有価証券報告書によると、同社は昨年9月に米グーグルから移籍したニケシュ・アローラ氏に対し、今年3月までに165億5600万円の報酬を支払ったことがわかった。国内では異例の巨額報酬となる。

アローラ氏は、同日付で代表取締役副社長に就任した。報酬の内訳は移籍に伴う一時金が145億6100万円、株式報酬が19億9500万円。

孫正義社長は同氏を「もっとも重要な後継者候補」と位置付けており、きょうの株主総会でアローラ氏を招へいしたことについて「人格や洞察力、情報革命に対する情熱などに深く感銘を受け、ほれ込んだ」と説明した。

 

(志田義寧)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT