ソフトバンク、アローラ氏に報酬165億円

孫社長の後継者候補に高額報酬

6月19日、ソフトバンクが副社長就任のアローラ氏に今年3月までに165億5600万円の報酬を支払ったことがわかった。写真は5月11日、都内で会見するアローラ氏(2015年 ロイター/ Issei Kato)

[東京 19日 ロイター] - ソフトバンクが19日公表した2014年度の有価証券報告書によると、同社は昨年9月に米グーグルから移籍したニケシュ・アローラ氏に対し、今年3月までに165億5600万円の報酬を支払ったことがわかった。国内では異例の巨額報酬となる。

アローラ氏は、同日付で代表取締役副社長に就任した。報酬の内訳は移籍に伴う一時金が145億6100万円、株式報酬が19億9500万円。

孫正義社長は同氏を「もっとも重要な後継者候補」と位置付けており、きょうの株主総会でアローラ氏を招へいしたことについて「人格や洞察力、情報革命に対する情熱などに深く感銘を受け、ほれ込んだ」と説明した。

 

(志田義寧)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • 若者のための経済学
  • 今日も香港から
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新型肺炎の「致死率」<br>武漢だけ突出する理由

新型肺炎による死亡者は、湖北省、とくに武漢に集中しており、致死率は他の省を圧倒しています。この理由と背景は? 本誌デジタル版では、現地から果敢な報道を続ける中国「財新」特約の連載「疫病都市」を配信しています。