イルカの命は、ほかの動物よりも尊いのか

太地町出身の弁護士が問う、欧米の傲慢

18世紀には全米で50億羽もいたといわれるリョコウバトは、その美味な肉のこともあり、1914年に絶滅しました。塩漬けにして大量に輸送されていたと伝えられていることから、商売として成り立っていたのでしょう。

仮に、鯨油が欧米諸国の産業発展に現在でも必要不可欠な状況にあったとしたら、おそらく彼らは、鯨油目的の捕鯨をやめていない可能性が高いと、私は考えています。

誤解を恐れずに極論をいわせてもらえば、彼らは自分たちの生活・商売に必要な生物の命は、それを利用することに何ら疑問を感じない。しかし一方、自分たちの生活に必要ない生物の命は、その生物がほかの国の人間の生活に必要であったとしても、奪うことを許さないと主張する。

そこには、他国の文化を尊重する姿勢はいっさいありません。むしろ、みずからの価値観が正しく、その価値観に沿わない行動は野蛮だと決めつける、傲慢さが多分に含まれているように感じます。

そして、イルカ・クジラの保護は、彼らにとって愛すべき存在を愛すべき存在として見続けていたいという、彼らの都合に合致するものなのです。

恥ずかしがった女性たちが隠したのは…

こんなたとえ話を聞いたことがあります。

「ある女性の問題に関する世界大会が日本で開催されました。大会が終わり、開催地は温泉地でもあったため、各国の女性たちは大浴場で温泉につかり、疲れを癒していました。そこに、掃除の時間を間違えた旅館の男性職員が数名、うっかり木戸を開けて入ってしまった。

女性たちは、悲鳴を上げて手に持った小さなタオルで身体を隠しました。ある女性は胸を隠し、ある女性は下を隠しました。だが、恥ずかしくて見られたくない!といちばん大きな声を上げた女性が小さなタオルで隠したのは顔でした」

というものです。

顔を隠した女性を笑ったり、隠す場所を変えるよう強要することは、正しいのでしょうか。各国にはそれぞれ、地域、人種、宗教などから創り上げられた文化があります。その文化は、人類の存続に危険を及ぼさないかぎりは、価値的には平等であるべきではないのでしょうか。

坂野 真一(さかの・しんいち)弁護士
ウィン綜合法律事務所 代表弁護士。関西学院大学、同大学院法学研究科非常勤講師。著書(共著)「判例法理・経営判断原則(中央経済社)」。近時は火災保険金未払事件にも注力。
事務所名:ウィン綜合法律事務所
 
 
弁護士ドットコムの関連記事
ビジネスホテルの「1人部屋」を「ラブホ」代わりに――カップルが使うのは違法?
会社の食堂で「ノンアルコールビール」 昼休みに飲んだだけでクビになる?
隠れて「タバコ」を吸っていたのが妻にバレた!こんな理由で「離婚」されてしまうのか

 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ブックス・レビュー
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT