2代目社長「社員は敵でなければよい」の真意 先代についてきたベテラン社員との信頼の築き方

拡大
縮小

そうするうちに、だんだんと信頼関係ができていったように思います。

「社長の息子」というのは、勤続年数の長い社員ほどけむたく感じるものです。そういう人たちと信頼関係を築くには、まず小さくてもいいからポジティブな結果を出すことです。

味方は簡単には増えない、敵でなければよしとする

会社改革をするときには自分と共闘してくれる人をいかに増やすかが肝だと私は思っています。

私は2代目で、生まれたときにはすでに会社はできあがっていましたから、ゼロから基礎をつくっているわけではありません。ある意味で部外者です。だからこそ客観的に会社を見ることができ、無駄や非効率なやり方に気づくことができました。

最初はすべての部署をまわって、表面的にではあっても広く浅く、すべての部署のことを把握し、同時に人間関係を構築し、変革する下地をつくっていきました。

味方はすぐにはできないから、敵をなるべくつくらないようにしました。

例えば、借金返済時の経費削減策として仕入れ先の見直しを行ったとき、支払いが毎月500万円かかっていたものが、300万円になりました。これで200万円浮きますが、波があるから150万円と見積もりました。「ざっくり計算」をするときには弱気な数字にするのが鉄則です。

毎月150万円返済できるのは大きい。しかし、そうはしません。

「150万円浮いたと思ってそのうち50万円を僕にくれない?」といって経理と交渉しました。

「人とモノを分けるときには相手に多い方を渡せ」という先代の教えを実践したのです。それなら相手も「まあいいか」と承諾しやすくなります。

150万円をそのまま取り上げたのでは、「これでラクになる」と思った経理はおもしろくありません。だから、多くを経理に還元することにして、「改革を進めれば経理がどんどんラクになるのだ」という道をつくっていったのです。この流れが理解できたら、少なくとも経理は私に対して邪魔はしないでおこうと思うはずです。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT