変化を生み出すモチベーション・マネジメント 小笹芳央著

変化を生み出すモチベーション・マネジメント 小笹芳央著

変化の激しい現代。新たな環境にどう適応していくか。絶対化された現状を「アンフリーズ=解凍」し、「チェンジ=変化」させる誘因を引き出し、新たな行動が正しいと確信させて「リフリーズ=再凍結」するというステップを踏むのが効果的、と勧める。

その際に、「時間のモノサシを切り替える」「視界、角度を変える」「新たな目標の魅力を高める」「失敗への不安を払拭する」「定着へのストップとして習慣化させる」「集団の力をポジティブに活用する」の六つの“マジック”が技術的に有効とも紹介する。

「ある若手の物語」と題された1章ではストーリーで手法を体験させるなど、部下を生き生きとさせ、組織を変革する方法を伝授する。

PHPビジネス新書 840円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 内田衛の日々是投資
  • ルポ「ホームレス」
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。