人気コラムニストが「脳梗塞」で言葉を失ったら 『失くした「言葉」を取り戻すまで』清水ちなみ氏

✎ 1〜 ✎ 404 ✎ 405 ✎ 406 ✎ 最新
拡大
縮小
『失くした「言葉」を取り戻すまで』著者の清水ちなみ氏
清水ちなみ(しみず・ちなみ)/コラムニスト。1963年東京都生まれ。青山学院大学文学部卒業後、会社員を経てコラムニストに。1987年に『週刊文春』で始めた連載「おじさん改造講座」がヒットし、その後数多くの著書を発表した。2009年、46歳のときに脳梗塞で失語症になった。本書は17年ぶりの新刊。(撮影:佐藤 亘)
1980〜90年代にヒットした『週刊文春』の連載「おじさん改造講座」。この企画を立ち上げた人気コラムニストが、2009年、46歳で失語症になった。
手術が終わって目覚めたときには「お母さん」と「わかんない」の2語しか話せなくなっていた。家族とともに言葉を1つずつ取り戻し、自らの経験をつづった17年ぶりの著作。

失語症になった著者の闘病記

失くした「言葉」を取り戻すまで 脳梗塞で左脳の1/4が壊れた私
『失くした「言葉」を取り戻すまで 脳梗塞で左脳の1/4が壊れた私』(清水ちなみ 著/文芸春秋/1650円/192ページ)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

──あっけらかんとした闘病記でした。

病気になったからといって、ネガティブな感情は一つも湧かなかったんです。言葉は出てこないし、右手は不自由。あれもこれもできなくなってつらいのが普通かもしれませんが、私は「仕方ないな」と思いました。もともとの性格ですね。

09年12月、46歳のときに、くも膜下出血になって手術を受けました。手術はうまくいったのですが、手術箇所とはまったく別の場所が脳梗塞になってしまいました。左脳の4分の1がダメージを受け、言語と右手の機能に障害が出ました。

手術の後、旦那が集中治療室にお見舞いに来てくれました。私はニコニコしていたそうです。自分が自分であることはわかったし、旦那の顔も覚えていました。

次ページ家族とのコミュニケーションがいちばんのリハビリ
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内