有料会員限定

「人への投資」で注目される「職業訓練」の盲点 ホワイトカラー職種のスキル評価法は未確立

✎ 1〜 ✎ 405 ✎ 406 ✎ 407 ✎ 最新
拡大
縮小
スキルアップのイメージ
(写真:smayucolor/PIXTA)

物的な資本と同じように、人材も教育や職業訓練という投資によって価値が高まる。それを示す言葉が「人的資本」だ。

一国の人的資本水準の向上はGDP(国内総生産)や平均賃金を引き上げることが知られている。よって、人口減少と賃金低迷に直面している日本が人的資本のさらなる向上を目指すのは当然だ。

岸田文雄政権も「人への投資」の促進を重点施策とし、人的資本向上に注力しようとしている。そこで職業訓練に絞ったうえで、筆者が考える留意点を2つ指摘する。

難しいスキルの評価法

まず、基本的なポイントとして、訓練の最も有効な方法が確立しているわけではない点を強調したい。そもそも、スキルの高さを測定し評価すること自体が容易ではない。

次ページホワイトカラーの職種では
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内