性的マイノリティーが「地元」に抱く複雑な葛藤 『「地方」と性的マイノリティ』書評

✎ 1〜 ✎ 49 ✎ 50 ✎ 51 ✎ 最新
拡大
縮小
『「地方」と性的マイノリティ 東北6県のインタビューから』杉浦郁子、前川直哉 著
「地方」と性的マイノリティ 東北6県のインタビューから(杉浦郁子、前川直哉 著/青弓社/2200円/272ページ)
[著者プロフィル] 杉浦郁子(すぎうら・いくこ)/和光大学現代人間学部教授。専攻は社会学、ジェンダー/セクシュアリティー研究。
前川直哉(まえかわ・なおや)/福島大学教育推進機構准教授。専攻は社会学、ジェンダー/セクシュアリティー研究、教育学。

社会学の世界でも、性的マイノリティーについての調査は主に東京などの大都市部で行われる。著者らによれば多くの場合、「進んでいる東京(大都市)/遅れている地方」という構図に単純化され、地方在住の性的マイノリティーである人々の実情の研究は後回しにされてしまう傾向があったという。地方と大都市部との差異に問題意識を抱いた著者らは、2018〜19年、東北で活動している性的マイノリティー団体に関わる地域の人々を対象に、インタビュー調査を行った。

「地元」で活動することへの葛藤

東北地方に独自の性的マイノリティー団体の系譜が存在していたことを、東北出身の評者も本書で初めて知った。東北初のゲイサークルは仙台で1992年に立ち上げられ、HIVサポートグループやトランスジェンダーの自助グループなど、さまざまな団体が各地で活動を展開している。

次ページ東日本大震災も大きな影響が
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内