有料会員限定

3期目の習政権、米独との首脳外交で協調を演出 外交の新局面を日本は正しく理解しているか

✎ 1〜 ✎ 377 ✎ 378 ✎ 379 ✎ 最新
拡大
縮小

中国は米独と首脳外交を展開。中国外交の新たな局面を日本は理解しているのだろうか。

北京での中独首脳会談にてショルツ首相と習主席
北京での中独首脳会談。ショルツ独首相は2国間関係の強化を打ち出した(写真:ロイター/アフロ)

幼少期から社会人になるまで徹底してメインストリームから外れるデメリットをたたき込まれる日本人は、国際社会でも「従うべき教師」と「権威」が大好きだ。冷戦期がまさにそうだった。誰に従い、誰を憎めばよいかを国際社会から教えてもらっていた。

現代においても同じ状況が続いている。欧米がウイグルの人権問題が重大だと言えば、それがなぜ問題化したのかなど考えずに同調する。ウイグルの人権状況は確かに深刻だが、それをどのくらい問題視するかは外交的な思惑が絡むのが常である。外交では自国の利益を最大化するために人権さえも交渉材料にすることがある。

だが世界のプレーヤーは自国の利益に鈍感な日本と違って、新たな行動を起こしつつある。

次ページ中国が米国から引き出したのものは
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内