サイネックスは気仙沼支店が被災。来期以降は広告出稿停滞のリスク【震災関連速報】

サイネックスは気仙沼支店が被災。来期以降は広告出稿停滞のリスク【震災関連速報】

「テレパル50」や自治体の行政情報誌を発行するサイネックスは、東日本大震災の影響で、気仙沼支店(宮城県気仙沼市幸町)が被害を受けた。建屋の倒壊はなかったものの、津波の漂流物でビル1階部分の壊滅が大きい。気仙沼支店の従業員6人については安否確認を急いでいる。避難指示により支店には立ち入りできない状況が続いており、復旧のメドはまだ立っていない。

東北地方には他に、福島、山形、盛岡、仙台など合計8営業所を擁する。水戸や土浦にも営業所を有しているが、いずれも建物等の損壊は比較的軽微だった。ただ、断続的な停電や、水道の制限が続いており、営業活動が影響を受けている。

刊行物の主力工場は三重県なので、生産面へのダメージはなかった。紙など資材調達の停滞も現状は発生していない。

今後の業績に与える最大のリスクは、クライアントからの広告出稿の停滞だ。会社側は現時点で、クライアントからの広告キャンセルは出ていないとするが、広告収入が事業柱なだけに、来12年3月期以降の影響が懸念される。

(西澤 佑介 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。