サイネックスは気仙沼支店が被災。来期以降は広告出稿停滞のリスク【震災関連速報】

拡大
縮小
サイネックスは気仙沼支店が被災。来期以降は広告出稿停滞のリスク【震災関連速報】

「テレパル50」や自治体の行政情報誌を発行するサイネックスは、東日本大震災の影響で、気仙沼支店(宮城県気仙沼市幸町)が被害を受けた。建屋の倒壊はなかったものの、津波の漂流物でビル1階部分の壊滅が大きい。気仙沼支店の従業員6人については安否確認を急いでいる。避難指示により支店には立ち入りできない状況が続いており、復旧のメドはまだ立っていない。

東北地方には他に、福島、山形、盛岡、仙台など合計8営業所を擁する。水戸や土浦にも営業所を有しているが、いずれも建物等の損壊は比較的軽微だった。ただ、断続的な停電や、水道の制限が続いており、営業活動が影響を受けている。

刊行物の主力工場は三重県なので、生産面へのダメージはなかった。紙など資材調達の停滞も現状は発生していない。

今後の業績に与える最大のリスクは、クライアントからの広告出稿の停滞だ。会社側は現時点で、クライアントからの広告キャンセルは出ていないとするが、広告収入が事業柱なだけに、来12年3月期以降の影響が懸念される。

(西澤 佑介 =東洋経済オンライン)

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT