有料会員限定

世界で71万人超!「帝国」アクセンチュアの行く末 今後必要なコンサルはデジタル×デザイン人材

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小

世界で71万人超! アクセンチュアは規模のメリットを活かし、華やかなコンサル業界でも独走する「勝ち組」だ。その原動力とは何か。

アクセンチュアのロゴ看板
総合コンサルを武器に国内ではもはや敵が見当たらない(写真:Joan Cros/NurPhoto/共同通信イメージズ)

特集「コンサル、弁護士、税理士」の他の記事を読む

「他社の半分か3分の1の金額を提示してくる。戦略系の案件を安く取ってIT系の案件につなげる。ITのほうが人と時間がかかって稼ぎやすいから」

日本の人員は4倍近く拡大

4大会計事務所「ビッグ4」の一角に勤めていた20代の若手コンサルタントは振り返る。競合相手を驚かすほど破格の安値を提示したのは、今をときめくコンサルティング会社のアクセンチュアだ。

週刊東洋経済 2022年11/5号は「秀才たちの新ヒエラルキー コンサル 弁護士 税理士」を特集。書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。バックナンバー常備店はこちら

上流の戦略系から下流のIT系まで一気通貫でそろえていることが総合系コンサルであるアクセンチュアの強み。戦略でつかんだクライアントはシステムの開発やアプリのデザインの受注へとつなげていく。ここで「規模のメリット」が生きてくる。

それだけアクセンチュアの拡大志向は際立っている。2022年8月期は世界で売上高615億ドル(前期比21.9%増)で純益が69億ドル(同16.7%増)、34億ドルを投資し38件のM&Aを行った。

日本の人員は12年の4900人から22年の1.9万人に4倍近く拡大している。国内コンサルでは最大手で、外資戦略系コンサルのマッキンゼー・アンド・カンパニーやボストン・コンサルティング・グループ(BCG)で1000人以下だから、いかに大きいかわかる。会計ビッグ4のどのグループより人数が多い。

次ページ社員が常駐して実装まで現場で“伴走”する
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
コンサル、弁護士、税理士
今後必要なコンサルはデジタル×デザイン人材
なぜ商社や広告会社はコンサル業を欲しがるか
匿名座談会で判明、「自意識高い」高給取りたち
最難関学生が注目するコンサル会社ランキング
高報酬で渡り歩く、コンサルタントの「懐事情」
Webデザインやマーケなど100種類の人材が必要
べリーベストやアディーレ等新興勢は大量採用
コンプラ重視で法務部門を強化する企業が続出
中小事業主は大手との取引継続に不安抱える
コロナ禍で膨らむ給付金バブル、雇調金バブル
4倍超の価格、3年内の相続、あと危ないのは・・・
持ち株会社に二重課税するのは理にかなわない
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内