有料会員限定

常識が一変、「あべこべの世界」をどう生きるか 為替、地政学、調達網など経営の前提が変わった

✎ 1〜 ✎ 182 ✎ 183 ✎ 184 ✎ 最新
拡大
縮小

143円台の為替ボード
(写真:編集部撮影)

9月22日、1ドル=145円台まで進んだ円安を受けて、日本政府が円買い・ドル売り介入を行った。欧米が利上げに動く中、日本だけがマイナス金利を続ける以上、円安基調は変わらないとの見方が多い。本格的な円高時代が始まった1985年の「プラザ合意」の日付も9月22日。以降、日本にとって円高が悩みであり、為替介入といえば円売り・ドル買いが通常だった。37年後の出来事は、時代の転換を象徴しているように思えてならない。

翌23日、トヨタ自動車がロシアでの自動車生産の終了を発表した。ロシアによるウクライナ侵攻の長期化で、事業活動が困難になった。80年代後半のイラン、12年の尖閣諸島問題など、過去も地政学リスクが企業活動に影響を与えたことはあった。近年も中国とのデカップリング圧力が高まっている。

次ページ海外生産、現地調達、日本式ものづくりも転換へ
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内