鹿児島から広島へ「九州&山陽」新幹線の乗り心地 800系と山陽―九州直通用N700系を比べると?

拡大
縮小
ミカン畑の山と山の合間に顔を出して八代海を見る 新幹線開業で南九州の時間距離は劇的に変わり横には南九州西回り自動車道も建設中(新水俣ー出水間、写真:久保田 敦)
鉄道ジャーナル社の協力を得て、『鉄道ジャーナル』2022年11月号「150年後の今 新幹線で」を再構成した記事を掲載します。
この記事の画像を見る(3枚)

「つばめ」の800系は今や古参となったが…

7時20分過ぎ、すでに蒸し暑さが支配する鹿児島中央駅のホームに上がると、12番線で待ち受けていたのは800系の「つばめ310号」。九州新幹線「はやっ!便」の積み込みを終えて、カートを引き上げるところだった。新幹線を使った小荷物輸送は、コロナ禍によってもたらされた人の輸送の減退を補うものとして、実証実験から事業化へ、そして議論はより大きな新幹線貨物輸送へと進んでいる。

九州新幹線に乗るからには800系は落としたくない。今や主流はN700系で、グリーン車がない古参の800系は各駅停車の「つばめ」運用に回されているが、個性では新幹線中の白眉だ。乗り込むと、黒に包まれたデッキの先に明るい客室が開けて、木製の背板に草花文様のクッションを組み合わせた特有の座席が目に飛び込む。号車別の色柄によって雰囲気は号車によりガラリと変わる。

「鉄道最前線」の記事はツイッターでも配信中!最新情報から最近の話題に関連した記事まで紹介します。フォローはこちらから

7時32分、発車するとすぐに車掌の肉声で放送が始まり各駅停車である旨と、熊本、博多の到着時刻を告げた。列車はすぐさまトンネルに入り、それから続く放送は「車内における新型コロナウイルス感染症に関するお願い」に移った。マスク着用、会話は控えめに、そして座席の向かい合わせ使用のお断りが内容で、「この列車では常時、空調装置により車内の換気を行っております」と、安心感をフォローする。この案内が列車編成や設備の案内に先んじる点は、まさしく今の時節だ。

このあと定型の放送に移り、そこでも緊急事態に備えるSOSボタンの案内、携帯電話のマナーモード利用の呼び掛けと、やはり“最近”が現れている。それに九州では英語に続いて韓国語と中国語放送もある。

次ページ基本は700系と同じでも座席は個性的な2人掛け
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT