「米国発不況」は避けられない、日本はどうする FRBは景気よりインフレ退治優先、その影響

✎ 1〜 ✎ 180 ✎ 181 ✎ 182 ✎ 最新
拡大
縮小
記者会見中の岸田文夫首相
(写真:2022 Bloomberg Finance LP)

米国発のグローバル不況が避けられない情勢となってきた。FRB(米連邦準備制度理事会)は景気悪化を甘受してでもインフレ退治を進める。

エネルギーや食料品の価格高騰は世界共通だが、米国ではコロナ対策の大規模な財政出動が行われ、需要と雇用が過熱した。そのため、物価と賃金のスパイラル的な上昇が懸念される。財のインフレはピークアウトしてきたが、脱コロナでサービス需要はなお強い。

エネルギー価格も下落に転じたが、対ロシアや産油国の思惑など政治が絡み、景気減速に伴い下がり続けるとも言い切れない。

次ページ日本ではどうか
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料法人プランのご案内