ソーシャルメディアが言論にもたらしている退歩 ソーシャルメディアは言論を単純化してしまう

✎ 1〜 ✎ 172 ✎ 173 ✎ 174 ✎ 最新
拡大
縮小
(写真:2013 Bloomberg Finance LP)

双方向の情報発信を可能にし、もたらしたメリットは大きいソーシャルメディアだが、その数々の弊害も指摘されてきた。ここへ来て、言論の世界に及ぼす影響は深刻で破壊的なものになっているように思う。

ソーシャルメディアで世論が形成される過程を見ると、最初の発信者が書いた文章は扇動的ではなく丁寧なものだとしても、拡散の過程で話は単純化され細部は切り捨てられやすい。そして、それが増幅されてしまい、複雑な議論はできなくなってしまう。

ソーシャルメディアというフィルターを通ると、同調圧力で一本化された結論が世を席巻するか、対立する意見に集約され社会が分断されてしまうかのどちらかになり、それ以外の意見は重視されず、建設的な議論からは遠ざかる。

次ページ新型コロナ禍では誤った世論が形成
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料法人プランのご案内