旧アデランス社長を解任、スティール・パートナーズの迷走


 スティールは昨年末に保有していたサッポロホールディングス株と天龍製鋸株を相次いで売却。日本に上陸してから10年が経ち、日本市場からの資金引き上げ姿勢が鮮明になる中、今でも5%以上の大量株式保有しているのはユニヘアーのみだ。

ユニヘアーの足元の株価は800円台後半で推移しており、スティールの平均取得単価749円を上回るなど市場評価は悪くない。ユニヘアーは無借金で自己資本比率70%を超えるなど、財務体質も健全だ。創業者に経営権を返上したスティールの次なる動きが注目される。

◆ユニヘアーの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]

(石井洋平 撮影:今井康一 =週刊東洋経済2011年3月5日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT