フィリピンで「ノーベル賞」メディアが不評な事情 世論調査では信頼度がダントツ最下位の不思議

拡大
縮小

ドゥテルテ政権批判の鋭さで知られるフィリピンのオンラインメディア、「ラップラー」の創始者であるマリア・レッサ氏は昨年、ノーベル平和賞を受賞した。ただ、意外にもフィリピンでは評価する声がほとんど聞こえてこない。

フィリピンのオンラインメディア「ラップラー」(写真:ラップラーのホームページより)

ドゥテルテ政権批判の鋭さで知られるフィリピンのオンラインメディア、「ラップラー」の創始者であるマリア・レッサ氏が昨年ノーベル平和賞を受賞したのは記憶に新しい。

レッサ氏は米プリンストン大卒で米国市民権も持つベテランジャーナリスト。ラップラーは、米CNNなどで働いてきた彼女が2012年に立ち上げた。ドゥテルテ大統領の看板政策である麻薬撲滅戦争について調査報道を続けたことで知られる。

ただ、意外にも本国では評価する声がほとんど聞こえてこない。

次ページ リベラル派からも違和感
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料法人プランのご案内