有料会員限定

離脱派の冷めた熱狂 [Part1 英国現地ルポ]

印刷
A
A

6月28日。英国ロンドンのウエストミンスターにあるトラファルガー広場には、雨天にもかかわらず多くの人が詰めかけていた。市民は石柱によじ登り、「EU,We Love You」とシュプレヒコールを上げた。

トラファルガー広場には大勢の人が詰めかけた

特集「英国発世界不安」の他の記事を読む

同月23日に行われた、英国のEU(欧州連合)離脱の是非を問う国民投票では、離脱支持派の得票率が約52%に達し、残留支持派の約48%を上回って勝利を収めた(図表1)。投票結果を受け、残留支持だったデービッド・キャメロン首相は辞意を表明、離脱多数という国民の意思を尊重する意向を示した。

歓喜に沸く離脱支持派(Barcroft Media/アフロ)
[図表1]
拡大する

だが、英国は「Brexit(英国の離脱)」という自らの選択に対し、大揺れに揺れている。納得しない残留派からは不満が噴出。国民投票のやり直しを求める署名の数は300万人をも超えた。

怒りの原因の一つは離脱派がキャンペーンで掲げた耳当たりのいい公約にある。たとえば「離脱すれば、EUに拠出している週3億5000万ポンドを、無料医療サービス(NHS)に回せる」というもの。もともとキャンペーン中には「この額は膨らませすぎている」との疑問が挙がっていた。旗振り役だった、英国独立党(UKIP)のナイジェル・ファラージ党首が投票後、過ちを事実上認める発言をしたことで、残留派からの批判が高まった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内