閑散期を一転稼ぎ時に変えた 冬場に激売れの「チョコビール」

近年のバレンタイン商戦で人気を集める異色商材がある。神奈川県の地ビールメーカー、サンクトガーレンが手掛けるチョコレート風味の黒ビール「インペリアルチョコレートスタウト(630円/330ミリリットル)」だ。「湘南ゴールド」などで知られる同社がバレンタイン限定で販売している。

最大の特徴は焦げる寸前の160℃と高温焙煎した麦芽を使うことで、カカオに似た甘みと苦みを再現した点。さらに、麦芽やホップなどの原料を通常の黒ビールの2.5倍以上利用し、飲み応えのある濃厚さを追求した。2006年の発売後反響は大きく、現在は生産量の限界である3万本があっという間に売り切れる。

地ビール会社がチョコビールのような「変わり種」に取り組むには訳がある。近年の地ビールブームから日本には約300ほどのメーカーがあるとされるが、需要の落ち込む「1、2月に廃業に追い込まれるケースが後を絶たない」(サンクトガーレンの中川美希氏)からだ。こうした中、同社は冬の閑散期を逆手に取り、通常より長い熟成期間と3倍のコストをかけて造るチョコ風味ビールに挑戦。結果、「冬場を稼ぎ時に変えた」(同氏)。

同社に追随して今や30社ほどがチョコ風味ビールを生産。地ビール業界の起爆剤として期待が集まる。

(張 子渓 撮影:今井康一 =週刊東洋経済2011年2月19日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
人気記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 銀河を渡るを読む
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「脱ファッション」が進む<br>渋谷の街の最前線

渋カジ、コギャルなど若者ファッションの聖地だった渋谷。ここが100年に1度の大規模再開発で、オフィスや飲食店が増えアパレル店舗が減少しているのだ。来年エンタメビルとして生まれ変わるSHIBUYA109など、変わりゆく街の今を追う。