東京六大学就職リーグ開催--体育会学生を採用したい有名企業27社が集合


今回初めて就職リーグに参加する食品関連会社は「応募人数は多いが、安定志向の学生ばかり増えてしまった。これまでと違った人材を採用するために、就職リーグに参加することにした」という。この会社は新たに体育会採用ワクを設けたそうだ。

目標に向かって努力してきたこと、挫折や敗北を味わったことがあること、チームワークやリーダーシップに優れることなどが、体育会学生の評価される要因となっている。

体育会だからといって、全ての学生が企業に入ってから活躍するわけではない。だが、多くの企業人事担当者は「一般学生の中よりも、体育会学生の中の方が人材が多い」と判断している。

今後、アスリートプランニングでは、東京六大学以外の体育会学生も対象にしたアスリート就職セミナーを関西などでも開催する予定だ。

(東洋経済HRオンライン編集長:田宮寛之)

人事・労務が企業を変える 東洋経済HRオンライン

 

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当は怖い住宅購入
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
台湾と中国のデジタルは違う<br>唐鳳・台湾デジタル大臣に聞く

台湾を代表する天才プログラマーの名声を得て15歳で起業した唐鳳氏。「デジタル民主主義」「開かれた政府」を体現した38歳の若き大臣が、これまでの実績、日本や中国との比較、IT教育やITの未来などについて胸の内を語りました。

  • 新刊
  • ランキング