5日間のタイ旅行で感じた会社員が行くハードル 2年1カ月ぶりに海外へ、現地の様子をレポート

印刷
A
A

降機後、椅子がびっしりと並べられた場所で、タイランドパスが有効かスマホのチェックを受け、入国審査に向かう。ここまでの流れはスムーズそのものだ。

到着ロビーには無秩序に並べられたホテルのボードがあった(筆者撮影)

だが、到着ロビーに出た瞬間、かつてとは異なる光景が展開していた。無秩序にホテル名が書かれた大きなボードが5つある。とにかくボードを端から端まで探すが筆者の宿泊するホテルの名はない。

到着ロビーでは、名簿で到着客の名前を探し、該当者をマーカーを引いていた(筆者撮影)

諦めて近くにいたスタッフに声をかけると、左手のカウンターに行けという。そこでは、数名の係員が紙のリストと照合し、来た人の名前にマーカーを引いている。はたしてこれで大丈夫なのだろうか……。ともかく、パスポートとホテルの予約確認書を見せ、スマホで顔写真をとられた。

やり方はともかく、時間はかからない。ドアオープンからわずか32分で空港から乗り合いのワゴンに乗り込む。同じホテルに宿泊するジョージア在住のイギリス人の若者と2人で同乗だ。

空港からホテルに向かう途中で病院へ

空港からバンコク中心部のホテルに向かう途中で病院に寄る。ワゴン車内で待機していると、5日目に自分で行う抗原検査のキット(5日間以内に出国する場合は不要)を渡された後、防護服姿の女性がPCR検査に来て、綿棒を鼻に突っ込まれる。

空港に到着した旅行者は全員ワゴンでPCR検査会場まで送迎される(筆者撮影)

結局部屋に到着したのは、飛行機のドアオープンから1時間30分後だった。これから検査結果が出るまで部屋からは一歩も出られない。食事は、部屋前の椅子にフライドライスが置かれ、ピックアップする要領だ。

筆者の宿泊した部屋は目の前が壁で遮られており、検査結果がでるまでの間、刑務所にいる気分となった。待機用のホテルを選ぶ人には、チャオプラヤー川沿いや高層など、眺めのよいホテルを強くすすめたい。

次ページ検査結果が分かったのはいつ?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT