有料会員限定

日本企業のトップが見据える「ウェブ3.0の未来」 世界の中で日本は「NFT」の所有率が最も低い

印刷
A
A

次世代の経済圏として注目を集めるウェブ3.0。日本企業はこの動きをどう見ているのか。メルコイン、LINE NFTを展開するLVC、三井物産デジタルコモディティーズ、IIJのトップらに聞いた。

メルコイン取締役 伏見慎剛(ふしみ・しんご)リクルートを経て決済企業Origamiでビジネス全般を担当。2020年に同社を買収したメルカリグループに転じ、21年4月から現職。

特集「熱狂 ウェブ3.0」の他の記事を読む

「NFTとクリプトを持つ体験を身近に」

メルカリは物理的なモノを扱うマーケットプレースだが、NFT(非代替性トークン)の登場によって、デジタルな資産をカバーする必要性を感じている。

そこで昨年12月から、プロ野球パ・リーグと共同で試合映像を使ったNFTの発行を始めた。ポケモンやプロ野球チップスのカードを集める感覚で体験してもらい、まずはこの事業を拡大していく。

ここで得た知見で狙うのは、NFTのマーケットプレースだ。「オープンシー」での出品数が700万近い中で、売買数は2万にも満たない。NFTの流動性を上げるべく、誰もが簡単に買えるマーケットを早々につくり、新規のユーザーを呼び込みたい。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内