有料会員限定

米銀決算はかく語りき 21年のM&Aの実績は前年比53%増

✎ 1〜 ✎ 208 ✎ 209 ✎ 210 ✎ 最新
拡大
縮小
なかぞら・まな 1991年慶応義塾大学経済学部卒業、野村総合研究所に入社。97年野村アセットマネジメントでクレジットアナリストに。社債や国債を分析。モルガン・スタンレー証券、JPモルガン証券を経て、2008年10月からBNPパリバ証券クレジット調査部長。11年から現職。(撮影:尾形文繁)

米国企業の2021年第4四半期決算の発表が続いている。コロナ禍による影響は完全には推し量れないのだが、売上高が市場予想を上回る発表が相次ぎ、総じて好調である。

大手米国銀行の決算も続々と発表されたが、大手5社(JPモルガン・チェース、シティ、ゴールドマン・サックス、モルガン・スタンレー、バンク・オブ・アメリカ)はだいたい同様の傾向を見せた。投資銀行・法人金融部門の利益はそれぞれ前年同期比2%増、3%増、13%増、4%減、12%増となった。中身を見ると、グローバルマーケット関連が冴えなかったのに対し、法人金融は前年同期比20%超となる大幅増だった。

とりわけ、M&A(合併・買収)ファイナンスが大きく貢献したことがわかった。21年のM&Aの実績は2230億ドルで前年比53%増となった。成長期待とCFO(最高財務責任者)の強気に、安定した緩やかな収益状況が重なったときには、いつもM&Aが伸びる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料法人プランのご案内