有料会員限定

社員を可視化し経営戦略支援 営業利益率30%超で急成長 【4071】プラスアルファ・コンサルティング

印刷
A
A

スキルや特性を管理する人事クラウドが好調。データ活用を核に高収益経営。

三室社長は早稲田大学大学院修了後、野村総合研究所でデータマイニングなどに従事。2007年から現職(撮影:梅谷秀司)

データ分析・可視化のクラウドサービスを企業向けに展開するプラスアルファ・コンサルティング。ITサービスのクラウド化の時流に乗る新興SaaS企業の中でも、売上高営業利益率30%以上の高収益体質が目を引く。

2006年の設立で、21年6月に東証マザーズに上場。人材活用、マーケティング、CRM(顧客情報管理)の3分野でサービスを展開。中でも人材活用分野で社員のスキルや特性を「見える化」するクラウドサービス「タレントパレット」の急成長が業績の牽引役となっている。

11月12日に発表した前21年9月期通期決算は売上高61億1800万円(前期比29.4%増)、営業利益21億0600万円(同47.3%増)と大幅な増収増益。売上高の半分を占めるタレントパレットは前期比65.8%増収と期初の想定を上回る成長を見せた。三室克哉社長は「リモートワーク化の流れに加えて、人的資本の考えが広がり、経営者の間で人事や人材活用に対する見方が変わってきた」と好調の要因を分析する。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内