有料会員限定

「高利回り&PER割安」銘柄100 配当が多いのに評価が低い

印刷
A
A
海運はコンテナ運賃値上がりで好業績期待あり(撮影:風間仁一郎)

特集「寅年相場は「虎視眈々」が吉」の他の記事を読む

配当利回り(株価に対する配当の割合)が2%以上と高く、しかもPER(株価収益率)が低い銘柄を抽出したランキングだ。PERとは、Price Earnings Ratioの略で、株価を1株当たり純利益で割った値。低いほど割安といえ、足元ではおおむね15倍が上場企業の平均値となっている。12月3日の株価と『会社四季報』の来期予想純利益をベースに算出した来期予想PERの低い順に並べた。

海運に妙味

1位は川崎汽船(9107)、2位が商船三井(9104)、3位が日本郵船(9101)と海運大手3社がトップ3を占めた。

コロナ禍からの経済再開で荷動きが活発化し、海上輸送の需給が逼迫している。さらに米国の西海岸などでは、港湾労働者が不足し荷さばきに時間がかかるといった事態も生じている。そうした影響でコンテナ船の運賃が急上昇し、その恩恵が海運各社の業績にもたらされている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内