有料会員限定

“株目利き"が選ぶ22年大化け期待銘柄16 寅年の注目銘柄を4人の目利きが選ぶ

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小

株目利き1|複眼経済塾 塾頭 エミン・ユルマズ
堅実成長でも出遅れた銘柄に着目

Emin Yurumazu トルコ・イスタンブール出身。2006年野村証券入社、16年から現職。(撮影:今井康一)

特集「寅年相場は「虎視眈々」が吉」の他の記事を読む

堅実に成長を続けているのに株式市場で評価されず、割安のままになっているバリュー銘柄を4銘柄選んだ。

まず中古ブランド品の取り扱いトップのコメ兵ホールディングス(2780)。環境意識の高まりから、Z世代など若い人を中心に中古品や中古服を選ぶ風潮が広まっている。同社はまさに「隠れ環境銘柄」だといえる。売上高600億円前後の割に、時価総額が170億円程度と大きくなく、株価の上昇余地がまだまだある。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内